FANDOM


    • 制空状況と触接選択率検証

      制空確保、優勢、劣勢での触接選択率の変化を調べました。

      1-4を周回して調べた所、索敵12の二式大艇の選択率は確保86.1%(607/705)、優勢71.3%(360/505)、劣勢66.4%(357/538)となり索敵値をSとすると大雑把に確保0.07S、優勢0.06S、劣勢0.055S前後くらいになりました。(https://twitter.com/noratako5/status/794667753105813509http://ux.getuploader.com/kanokiba/download/150/SeikuSentaku.xlsx)

      同様に索敵値を変えて調べた所、索敵3の夜偵選択率が劣勢時18.4%(37/201)、索敵7の二式艦上偵察機4個が劣勢時85.4%(182/213)で逆算1個あたり38.2%で大体劣勢時0.055Sで他の索敵値でも合うみたいでした。(https://twitter.com/noratako5/status/790172210153463808https://twitter.com/noratako5/status/790533860521971716)

        エディタを読み込んでいます
    • Batow
      この返信は Batow が以下の理由により削除しました:
      ミス
      2016年12月17日 (土) 04:32
      この返信は削除されました
    • 改修max試製景雲(艦偵型)の触接選択率

      瑞鶴改二甲に改修max試製景雲(艦偵型)/九九式艦爆(江草隊)*3を装備し、 単艦で1-1を50週しました。

      全ての航空戦(計100回)において試製景雲(艦偵型)の触接を確認しました。(生データ )

      このことより、改修max試製景雲(艦偵型)の触接選択率は100%またはそれに近い値であると思われる。

      (備考:改修なし試製景雲(艦偵型)の触接選択率は理論値77%) 

        エディタを読み込んでいます
    • 自軍通常艦隊 対 敵機動連合艦隊での敵触接

      上記条件での戦闘の際、敵第二艦隊の偵察機も触接に影響を与えると思われる。

      https://docs.google.com/spreadsheets/d/1gLT2BEVMKSATuF9xjMsMjPnAxApATys3fhPE91qGVPo/edit#gid=1840697437

      検証にあたってはpixy氏、みーくん氏、miltonia氏、pochi氏にデータ提供をしていただきました。ありがとうございました。

        エディタを読み込んでいます
    • 試製景雲(艦偵型)★maxの触接選択率の追試

      瑞鶴改二甲に試製景雲(艦偵型)★max/橘花改/彗星(江草隊)/九九式艦爆(江草隊)を装備し、単艦で1-1を500回戦闘しました。

      全ての航空戦(計500回)において試製景雲(艦偵型)の触接を確認しました。(生データ)


      試製景雲(艦偵型)★+1の触接選択率の検証

      翔鶴改二甲に試製景雲(艦偵型)★+1/橘花改/彗星(江草隊)/九九式艦爆(江草隊)を装備し、単艦で1-1を500回戦闘しました。

      計500回の航空戦において、423回(約84%)試製景雲(艦偵型)の触接を確認しました。(生データ )

      (備考:改修なし試製景雲(艦偵型)の触接選択率は理論値77%) 


      謝辞

      フィルタ設定、誤字訂正など、様々な方にご協力頂きました。

      ありがとうございます。

        エディタを読み込んでいます
    • 試製景雲(艦偵型)★+4の触接選択率の検証

      まず翔鶴改二甲に橘花改/流星改/試製景雲(艦偵型)★+4/零式艦戦21型(熟練)を装備し、単艦で1-1を500回戦闘しました。

      計500回の航空戦において、450回(90%)試製景雲(艦偵型)の触接を確認しました。(生データ )


      ★+6の時点で100%に到達するため。

      試製景雲(艦偵型)★+8の触接選択率の検証

      翔鶴改二甲に橘花改/流星改/試製景雲(艦偵型)★+8/零式艦戦21型(熟練)を装備し、単艦で1-1を約500回戦闘しました。

      全ての航空戦(計508回)において試製景雲(艦偵型)の触接を確認しました。(生データ )

      (備考:改修なし試製景雲(艦偵型)の触接選択率は理論値77%) 

        エディタを読み込んでいます
    • 試製景雲(艦偵型)★6の触接選択率の検証

      旗艦瑞鶴改二甲の第一スロに★6試製景雲(艦偵型)を、その他のスロには命中2以下の艦載機または大型バルジ装備し、 1-1を周回しました。

      全ての通常航空戦(計504回)において試製景雲(艦偵型)の触接を確認しました。(生データ )

      このことより、★6試製景雲(艦偵型)の触接選択率は100%またはそれに近い値であると思われる。

        エディタを読み込んでいます
    • 試製景雲(艦偵型)★5の触接選択率の検証

      旗艦瑞鶴改二甲の第一スロに★5試製景雲(艦偵型), 残り大型バルジ★1, TBD, TBDで1-1を周回しました。

      航空戦(計318回)において試製景雲(艦偵型)による触接を293回確認し、

      景雲★5の触接選択率は 293/318=92.14% となりました。(生データ 

        エディタを読み込んでいます
    • 触接選択率新説と偵察機改修補正


      触接選択率の新しい式「Roundup(索敵+改修補正*★)/(20-(1~3)*2) (確保:3,優勢:2,劣勢:1)」を提唱します。

      最近、試製景雲(艦偵型)が改修できるようになったことにより、触接選択率100%が達成できるようになったが、そのことにより従来の式「(索敵+改修補正√★)*0.055~0.07 (確保:0.07,優勢:0.06,劣勢:0.055)」では当てはまらない例外も生まれるようになった。

      例えば、試製景雲(艦偵型)は★+6の時点で選択率100%に達するが、それを従来の式に当てはめると約1.35倍になる。

      しかしこの場合だと、★+4、★+5などの場合で実測値と大きく誤差が出てしまうことになる(信頼率85%)。(図1参照)

      Rgs746i8

      図1 従来式と実測値の触接選択率

      そこで、艦これ改で用いられている式「Roundup(索敵)/(20-(1~3)*2)」を使う。

      だが、これだけだと改修補正が入らないので、これも含めた形として「Roundup(索敵+改修補正*★)/(20-(1~3)*2)」を用いる。


      この場合だと、改修補正値が最低0.35~0.4で値が★+6の時点で100%に到達する。

      そしてこの値を信頼度85%区間で示すと、標準誤差以内におさまり、

      E4yguv65

      図2 新式と実測値の触接選択率

      より正確な値が導けるように なった。また、このことから新説の偵察機補正は0.35~0.4と考えられる。

      以上より、触接選択率の式はRoundup(索敵+改修補正*★)/(20-(1~3)*2)」の方が良いと考えます。

        エディタを読み込んでいます
    • 試製景雲(艦偵型)★2の触接選択率の検証

      旗艦瑞鶴改二甲に試製景雲(艦偵型)★2、彩雲、流星改、流星改で1-1-1を周回

      航空戦(計247回)において試製景雲(艦偵型)による触接は210回となり、

      景雲★2の触接選択率は、210/247=0.8502となりました。

      https://drive.google.com/open?id=1eAJugwImDpn3w6ZD6i9YPj1RN47kidFfVgVwIIXH7CQ

        エディタを読み込んでいます
    • Ro.43水偵★1触接選択率検証

      最上改に瑞雲12型、瑞雲12型、Ro.43水偵★1、紫雲を搭載し1-1にて触接選択率を調査した。


      Ro.43水偵★1 180/517(34.82%)

      紫雲 198/517(38.30%) 除くRo.43水偵成功数 198/337(58.75%)

      生データ

        エディタを読み込んでいます
    • 艦攻のみ触接開始率検証

      偵察機を積んでいない状態で艦攻の数を変えた時に制空確保状態の触接開始率がどう変化するか調べた。使用した艦攻の索敵値と搭載数など詳細はソースのファイル参照。

      結果は艦攻3積みで推定開始率4.2% (触接率2.8% 14/502)、艦攻8積みで開始率2.4% (触接率2.0% 10/500)、艦攻16積みで3.7% (触接率3.6% 18/500)となり、艦攻を沢山増やしても開始率はほとんど変わらなかった。(https://twitter.com/noratako5/status/845572079952941056, http://ux.getuploader.com/kanokiba/download/173/KankouSyokusetsu.xlsx)

      おそらく艦攻の数にはあまり関係なく3~4%くらいの触接開始率があるようである。(過去の検証で夜偵1機などの開始率が高めに出て式に合わなかった原因と思う)

        エディタを読み込んでいます
    • Ro43.水偵と零式水上偵察機の改修による触接選択率上昇検証

      触接開始率100%以上にし1-5-1、3-2-1にて★5~★8改修時の選択率の変化を調べた。生データ

      Ro43.水偵、零偵共に★5~★7まで大きな変化が無く、★8で選択率の上昇が観測された。

      Ro43.水偵★7 97/258(37.60%)  ★8 210/501(41.92%)

      零偵 ★7 81/185(43.78%)  ★8 109/231(47.19%)

      件数500件まで増やす予定

      2017年7月17日追記

      Ro43.水偵★7 188/522(36.02%)

      零偵 ★7 240/541(44.36%)

        エディタを読み込んでいます
    • 熟練メカジキの触接
      2017年夏イベントにて装備ステータスに命中+4を持つ艦攻:Swordfish Mk.III(熟練)が実装されました。

      触接時のダメージ補正は装備ステータスの命中が作用することが知られています。

      そこで命中+4を持つ装備で触接した場合のダメージ補正を調べました。

      詳細は画像参照。(測定日時は2017年8月13日23:30ごろ)

      駆逐ロ級に対して1.2倍補正の最低ダメージを観測しています。

      したがって、命中+4を持つ装備で触接した場合も既存の命中+3装備と同様のダメージ補正(1.2倍)であると考えられます。

        エディタを読み込んでいます
    • 水偵改修の触接開始率への影響検証

      星10零観1機、星10夜偵1機、二式艦偵4機、艦攻沢山(軽空母5隻の二式艦艇以外のスロ全部艦攻) で制空確保で1-5周回した結果、触接率は95.0%(380/400)であった。

      選択率低めに見積もっても99.8%の条件なので推定開始率は95%信頼区間の高い方で97%程度で、改修ない場合の開始率は96%程度なので、水偵改修による触接開始率への影響はほとんどないと思われる(https://twitter.com/noratako5/status/977819678268563457, https://ux.getuploader.com/kanokiba/download/210)

        エディタを読み込んでいます
    • FANDOMユーザー
        エディタを読み込んでいます
このメッセージに「いいね」を付ける
このメッセージには既に「いいね」を付けています
誰がこのメッセージに「いいね」を付けたのかをみる。